【放課後等デイサービスFC】おすすめのフランチャイズ加盟先TOP3!

放課後等デイサービスFCガイドのランキングアイコン
クオリティ・オブ・ライフ
クオリティ・オブ・ライフの画像
おすすめポイント 人と人との縁を大切にする放課後等デイサービスのフランチャイズ運営
詳細はこちら
放課後等デイサービスFCガイドのランキングアイコン
Granny
Grannyの画像
おすすめポイント 超小規模型の放課後デイサービスを提供!重心児向け放課後デイのパイオニア!
詳細はこちら
放課後等デイサービスFCガイドのランキングアイコン
こぱんはうすさくら
こぱんはうすさくらの画像
おすすめポイント 児童発達支援と放課後デイサービスの複合型施設のノウハウを持つFC運営本部
詳細はこちら

【放課後等デイサービスFC】おすすめの加盟先をランキング形式で紹介します!

支援を必要とする障がいのある子どもや発達に特性のある子どものための福祉サービスである放課後等デイサービス。保護者からの需要が高まり多くの民間企業が運営していることから、介護福祉事業への進出したい企業や独立開業したい方の参入も目立つようになりました。

介護福祉事業である放課後等デイサービスを始めるためには専門的な知識も必要であり、また開業や経営のノウハウも欠かせないため、効率よく開業を目指すためには「フランチャイズ加盟」がおすすめです。フランチャイズとして放課後等デイサービスをスタートするためには、いろいろと知っておかなければならないポイントが存在します。

・どのようにしてフランチャイズ加盟先を選べばいいのか?
・放課後等デイサービスの収益は?
・フランチャイズ加盟するメリットとは?

少なくとも上記のような疑問に対する答えは知っておかないと、放課後等デイサービスの運営やフランチャイズ加盟先選びを成功させるのは難しくなってしまいます。当サイトではしっかりと解説を行っているので、ぜひ確認してみてください。

またWEBアンケートをもとにおすすめの放課後等デイサービスフランチャイズ加盟先をランキング形式でご紹介しています。ほかにも「放課後等デイサービスの業界動向」「開業費用について」などの解説もしています。こうした基本的な知識も持っておくと、いざというときにとても役立ちます。ぜひ当サイトの情報を参考に、放課後等デイサービス開業を成功させましょう。

放課後等デイサービスの業界動向について

放課後等デイサービスの業界動向についての見出し画像
これから放課後等デイサービスをスタートさせるうえでまず把握しなければならないのが、現在の放課後等デイサービスの需要と今後の動向についてです。需要を把握していないと求められるサービスを提供する事ができず、事業に失敗してしまう可能性もあります。ここではそんな放課後等デイサービスの業界動向をご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

放課後等デイサービスの需要

放課後等デイサービスは、冒頭でもご紹介したように支援を必要とする障がいのある子どもや発達に特性のある子どものための福祉サービスです。近年ではさまざまな理由から放課後等デイサービスの需要が高まっており、その需要に伴い参入する民間企業が増えています。

需要が高まっている背景のひとつとして、障害児生徒数の増加が挙げられます。言語障害や情緒障害、弱視や難聴といった診断をされる子どもがいるなかで、とくに増えているのが自閉症などの発達障害の子どもです。これは90年代頃までは障害と認識されず、適切な指導を受けられなかったという経緯があり、近年になって正しく診断されるようになったのが増加の理由となっています。

また共働き世帯が増えていることで、家庭でのサポートで補えない範囲を放課後等デイサービスに求めるご家庭も増えています。こういったことから放課後等デイサービスを利用したい保護者は増えており、それに応えるために事業所の数も増えているのです。

放課後等デイサービスの今後の動向について

放課後等デイサービスは2012年に児童福祉法が改正されたのをきっかけに多くの民間事業が参入し、一般的な施設数が一気に増加しました。現在も放課後等デイサービスの需要は伸び続けていますが、2012年の出だしの頃と比べると競合が増え続けています。

今後も需要の高い事業ではありますが、事業所が多いことから、一般的な放課後等デイサービスでただ施設をオープンするだけでは、利用者の確保が難しくなっているのも現状です。生き残っていくためには、しっかりと利用者のニーズを把握して、それに応えられる品質のサービスを提供することが求められています。

だからこそ、安定した経営をするためには速度感を持って経営ノウハウを確立する必要があり、それを叶えてくれるのがフランチャイズ加盟なのです。独自性のあるカリキュラムを持つ加盟先であれば、ほかの施設との差別化も図れるので成功できる可能性も高くなるでしょう。

ポイント
  • 放課後等デイサービスは需要が高いが競合も多い業界
  • 独自性のあるカリキュラムを持つフランチャイズ加盟先を選ぶのがおすすめ

放課後等デイサービスと児童発達支援の違いって何?

ここでは、放課後等デイサービスと児童発達支援の違いについて紹介します。

放課後デイサービスとは?

放課後デイサービスとは、障がいを持つ小学生・中学生・高校生が利用できる通所型支援サービスです。放課後はもちろん、休日や長期休暇にも利用可能です。

それぞれの自治体にもよりますが、診断の有無や療育手帳の取得は必須ではありません。障がいを持つ児童だけでなく、発達に特性のある児童についても幅広く受け入れています。

放課後デイサービスは、2012年に改正された児童福祉法によって設置されました。従来は、未就学児と就学児を分けることなく支援していましたが、法改正によって、児童発達支援と放課後デイサービスの2つに分かれました。

放課後デイサービスでは「お子さまの最善の利益の保証」「共生社会の実現に向けた後方支援」「保護者支援」の3つをテーマに支援を行っています。児童が社会に参加できるように、それぞれの状況に合わせてサポートしています。

また、児童だけでなく、その保護者の支援も行っています。例えば、子育ての悩みに関する相談を受けたり、家庭内の養育をサポートしたり、保護者の時間を保障したりするなどのサポートを実施しています。

これらの支援によって保護者が児童に向き合うゆとりを回復することを目指しています。

児童発達支援とは?

児童発達支援とは、障がいを持つ未就学児を対象とした福祉サービスです。2012年の法改正によって、これまで障がい種別に分かれていた施設が一元化されました。

児童発達支援センターは、児童の発達支援のほかにも保育所などへの訪問や障がいを持つ児童の家族への支援や助言を行っています。施設の中には、放課後デイサービスを併設しているものもあります。

児童発達支援では、主に身体・知的障がいを持つ児童を対象としています。自治体によっては、診断がなくても療育が必要とされる児童も対象となります。

児童発達支援は、障がいを持つ児童が将来的に日常生活を円滑に過ごせるように、それぞれの状態に合わせた支援を行っています。さらに、児童の保護者に対しても面談を通して発達状態を共有したり、支援のニーズを確認したりするなどのサポートを行っています。

保護者に対するサポートを充実させることで、家族の負担を軽減するとともに安心して子育てができる環境を整えています。児童発達支援では、保育園や幼稚園、医療機関といった地域の専門機関とも密に連携を取り合い、個々の課題解決に取り組んでいます。

対象年齢が違う!

放課後デイサービスと児童発達支援についてそれぞれ解説しましたが、主な違いは対象とする児童の年齢です。児童発達支援は小学校入学前の未就学児を支援対象としており、放課後デイサービスは小学校・中学校・高校に通う18歳までの就学児を支援対象としています。

なお、放課後デイサービスの場合、自治体によっては20歳まで利用が認められることもあります。児童発達支援も放課後デイサービスも利用料金についての考え方は同一です。

利用料金は、9割を国や自治体が負担しており、家庭では1割を支払うことになっています。利用者の負担額の上限は、家庭の所得に応じて定められています。

つまり、1か月間でどれだけサービスを利用しても、上限以上の費用は発生しません。また、3歳から5歳までの児童は費用が無償化されていたり、自治体によっては助成金が用意されていたりするので、気になる方はお住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

放課後デイサービスの支援内容

放課後デイサービスでは、障がいを持つ児童の生活能力向上を目指してさまざまな支援を行っています。実際の支援内容を詳しく紹介します。
自立した日常生活を送るための訓練
放課後デイサービスでは、障がいを持つ児童が将来自立した生活を送れるように、さまざまな訓練を実施しています。具体的には、時間や持ち物の管理、金銭感覚やコミュニケーション能力の習得を目指しています

集団でのプログラムを通して、日常的なスキルを身につけたり、サポートが必要な時には自分で頼むことができたりするように、訓練を行っています。
創作活動
放課後デイサービスでは、学習支援はもちろん、工作や制作といった創作活動のプログラムを用意しています。児童たちは、これらの作業を通してほかの児童との交流を深めていきます。

また、障がいを持つ児童が、学校や家庭とは違った第三の居場所として過ごせるように、サポートを行っています。
地域との交流
放課後デイサービスは、事業所内でのイベントを開催したり、地域のイベントに参加することで、地域社会との交流に取り組んでいます。施設によっては、近隣の福祉施設と協力して季節イベントを行っていることもあります。

また、休日や長期休暇には、事業所の外で余暇活動を行うこともあります。これらのイベントを通して、住んでいる地域に住む人々との関わり合い方を学んでいきます。

児童発達の支援内容

児童発達支援では、基本的に「本人の発達支援」「家庭内での支援」「地域と連携した支援」の3つを軸にサポートを行っています。それぞれ詳しく紹介します。
本人の発達支援
本人支援とは、障がいを持つ児童が将来、日常生活を円滑に送れることを目標とした支援です。それぞれの発達段階に応じて、着替えや食事、片付けなどの生活の基本動作を身につけていきます。

また、集団での遊びや運動を通して、社会性の習得にも取り組んでいます。挨拶や返事をするなどの対人関係において欠かせないコミュニケーション能力を学ぶためのサポートを実施しています。

そのほか、色や数、比較などの基本的な概念の習得や言語の理解などのサポートを行っています。意味のある言葉や二語文、指示を理解するなど、他人とのやり取りを促す支援を実施しています。
家庭内での支援
児童発達支援では、障がいを持つ児童本人はもちろん、その家族に対してもサポートを行っています。家庭内で安心して子育てができるように、さまざまな不安の軽減に取り組んでいます。

具体的な内容としては、保護者面談やフィードバックを通じて発達状況を共有しています。また、児童との関わり方や家庭内でのコミュニケーションについても助言を行っています。
地域と連携した支援
児童発達支援は、保育園や幼稚園、保健所などと密に連携することで、適切な支援を受けられるようにサポートしています。さらに、地域の子育て支援力を高めるためのネットワーク構築に取り組んでいます。

【放課後等デイサービスFC】おすすめのフランチャイズ加盟先ランキング一覧

クオリティ・オブ・ライフ

クオリティ・オブ・ライフ

一般の方も参加できるダンスフェスティバルや大ホールでの発表会などイベントが豊富!

クオリティ・オブ・ライフでは、一般の方でも参加可能なダンスフェスティバルや大ホールを借りて行われる定期的な発表会など、さまざまなイベントが開催されています。ほかにはないイベントが存在する放課後等デイサービスを探しているならぜひ加盟を検討してみてください。

また、福祉事業以外の面でもサポートが充実していて、税理士や社労士などの紹介を行えるのも大きなメリットです。

基本情報

初期費用要問合せ
加盟金・パターン①:260万~(+税) 法人登記を不要とする場合
・パターン②:310万~(+税) 法人登記を必要とする場合 
※加盟金には、法人登記費用、看板設置費用、用途変更等手続き、消防使用開始届(設備取付含)、開業前後の研修費用などを含む。それ以外の賃貸物件に関する費用(保証金、敷金等)、内外装工事費、店舗備品代等は含まない。 *二店舗目以降は110万~
ロイヤリティ月間総売上高の10%(税別)など
問い合わせ電話、メールフォーム
電話受付時間平日 9:00~18:00
定休日日曜・祝日
会社情報一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ 【本社】茨城県水戸市赤塚1-2067-3 2A
MAP

Granny

Granny

超小規模型の放課後デイサービスを提供!重心児向け放課後デイのパイオニア!

Grannyは定員5名という超小規模であることと重症心身障害児に特化していることが特徴の、斬新な放課後等デイサービスです。

重症心身障害児の支援についてはパイオニアといえるフランチャイズチェーンとなっているため、重心児の支援が行えるフランチャイズに加盟したいのなら最適だといえるでしょう。今後さらなる成長が期待できる市場なので、かなりおすすめです。

基本情報

初期費用499万円
加盟金加盟金:300万円
ロイヤリティロイヤリティ:10万円(税別)
問い合わせ電話、メールフォーム
電話受付時間平日 10:00~18:00
定休日記載なし
会社情報株式会社Granny(グラニー) 【本社】群馬県前橋市田口町143-1
MAP

こぱんはうすさくら

こぱんはうすさくら

放課後等デイサービスと児童発達支援の2つの施設を併設できる!

こぱんはうすさくらでは、放課後等デイサービスと児童発達支援の2つの施設を併設することができ、それだけ収益性を高められるようになっています。それぞれの施設は単体で運営されることが多いため、複合施設をつくることができるのは非常に貴重なことだといえるでしょう。

さらに、コンサルティングに強く、オーナーのサポート力が高いのも利点のひとつです。

基本情報

初期費用【プランA】750万円 【プランB】1,000万円
加盟金【プランA】 加盟金:0円 【プランB】 加盟金:250万円
ロイヤリティ【プランA】8% 【プランB】5.0%
問い合わせ電話、メールフォーム
電話受付時間平日 9:00~17:00
定休日土日祝・年末年始
会社情報オークニ商事株式会社 【本社】東京都荒川区西日暮里五丁目34番2号
MAP

コペルプラスジュニア

コペルプラスジュニア

未経験者が92%にも関わらず経営をしっかり安定させられているほどのサポート力!

コペルプラスジュニアは独自のメソッドを活用して高付加価値型の児童発達支援事業所を展開しています。子どもたちの効果的な療育を目的とした教育コンテンツを強みとしているため、プログラムのレベルの高さに関しては随一といってもよいでしょう。

そして、未経験者率が92%であるにもかかわらず安定した経営を実現させられているという、徹底的なサポートも優れている点です。

基本情報

初期費用要問合せ
加盟金記載なし
ロイヤリティ記載なし
問い合わせ電話、メールフォーム
電話受付時間10:00~18:00
定休日祝日
会社情報株式会社コペル 【本社】東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー10階
MAP

こどもプラス

こどもプラス

脳科学の知見にもとづく運動指導が好評を博している!メディア掲載実績も多数!

こどもプラスは放課後等デイサービスの許認可を取得するにあたり、手続きなどで行き詰らないように、テナント選びから集客、職員教育、開所後のサポートなどまで、事前準備をはじめとしてあらゆるサポートをしてくれます。

プログラムに関しては、運動療育を柱とした総合的な療育を長年にわたって提供してきた実績があるのが特徴です。

基本情報

初期費用650万円~950万円
加盟金・1店舗目 330万円(税込)/1事業所あたり ・2店舗目以降 110万円(税込)/1事業所あたり ※商号、商標等の使用及び、運営のノウハウを用いて営業を行う権利に対し発生。開業支援費用、許認可取得書類作成支援、商標使用許諾料、集客チラシ及びパンフレットは無償提供。
ロイヤリティ売上げの10%(税別)/1事業所ごと
問い合わせ電話、メールフォーム
電話受付時間平日 9:30~17:30
定休日記載なし
会社情報こどもプラスホールディングス株式会社 【本社】東京都新宿区四谷三栄町4‐12第2森初ビル1階
MAP

ドレミファソライズ

ドレミファソライズ

本物のサッカー指導を提供している!質の高い支援を実践!

ドレミファソライズは保護者や児童の声にしっかりと耳を傾けることで、質の高い支援を実践し続けています。そのため、利用満足度や社会貢献度に比例するかのような事業モデルとなっているのが特徴的なポイントです。

また、サッカー指導のクオリティが高く、元日本代表でJリーグOB会会長を務めるJFA公認S級コーチライセンス認定者である柱谷哲司監修の本物の指導が行えます。

基本情報

初期費用640万円
加盟金記載なし
ロイヤリティ記載なし
問い合わせ電話、メールフォーム
電話受付時間平日 8:30~17:30
定休日記載なし
会社情報株式会社UQホールディングス 【本社】東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
MAP

ここからは、放課後等デイサービスの需要や動向をはじめ「フランチャイズ加盟のメリット・デメリット」「放課後等デイサービスフランチャイズ加盟先選びのポイント」などについて詳しく解説していきます。ぜひチェックしてみてください。

放課後等デイサービスの収益について

放課後等デイサービスの収益についての見出し画像
放課後等デイサービスで開業する前に、収益についてもしっかりと把握しておかなければなりません。ここでは収益形態について、収益モデルの解説、開業費用について詳しくご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

収益形態について

放課後等デイサービスの利用料金は、利用者がすべて支払っているのではありません。医療保険と同じように9割を国が負担し、残りの1割を利用者が負担することになっています。

しかし障害福祉サービスの定率負担は所得に応じて負担上限月額が設定されており、ひと月に利用したサービスの量に関わらずそれ以上の負担は生じません。負担額の上限月額は下記のようになっています。

生活保護・市民税非課税世帯:0円
年収890万円までの世帯:4,600円
年収890万円上の世帯:3万7,200円

このように利用者は少ない負担で放課後等デイサービスを利用できるので、利用料金の未納や滞納が起こりにくいという特徴もあります。また厚生労働省が発表している「令和2年障害福祉サービス等経営実態調査結果」によると、障害福祉事業活動全体の収支差が171万8,000円であるのに対し、放課後等デイサービスの施設あたりの収支差は378万5,000円となっています。

このことから福祉事業全体で考えると、放課後等デイサービスは比較的収益が上げやすい儲かる事業であるということがわかります。

収益モデルの解説

続いて放課後等デイサービスフランチャイズ加盟をして運営した場合の、実際の収益モデルを見ていきましょう。下記は正社員4名、パート1名で運営する場合で営業時間が平日10時~19時、土日・長期休暇等で9時~18時の場合です。

売上高:約300万円
人件費:約140万円
賃料:約30万円
水道光熱費:約3万円
減価償却費:約4万円
ロイヤリティ:売上の10%
その他経費:約30万円

この場合営業利益は約78万円、年間営業利益は約936万円となり、安定した収入が得られることがわかります。もちろんオープン直後は稼働率が低いことから利益も低くなることやマイナスになることが考えられますが、おおむね7か月程度で黒字になり、2年目からは稼働率が90%以上での運営も可能となっています。

もちろん加盟するフランチャイズによってロイヤリティなどの費用は変わるので、これはあくまでも一例となりますが、こういった経営ができるのが放課後等デイサービスのよいところだといえるでしょう。

開業費用について

放課後等デイサービスを開業するにあたり、気になるのは開業費用についてではないでしょうか。じつは放課後等デイサービスはほかの業種に比べると初期費用が少ない事業であり、運転資金を含めても 1,200万円程度といわれています。

経済産業省の「フランチャイズ・チェーン事業経営実態調査報告書」によると、フランチャイズ事業の平均開業資金は合計3,200万円程度であり、それに比べると大幅に抑えられることがわかります。金融機関から融資を受ける場合でも、自己資金が300万円前後あれば借り入れできることが多いので、独立開業を目指す方にも開業しやすい事業だといえます。

また開業後も9割以上の利用料金を公金でまかなうことになるので、売上の回収が困難になる心配がなく、利用者のニーズに応えられれば安定した収入を得られるので初期費用は2~3年で回収できることが多いです。

ポイント
  • 放課後等デイサービスは利用者の負担が少ないため未納や滞納が起こりにくい
  • 初期費用も比較的抑えられるので、新規参入しやすい業界でもある

放課後等デイサービス事業でフランチャイズ加盟するメリット・デメリット

放課後等デイサービス事業でフランチャイズ加盟するメリット・デメリットの見出し画像
放課後等デイサービス事業はフランチャイズ加盟するのがおすすめであることはすでにご紹介していますが、フランチャイズ開業することで得られるメリットについてもぜひチェックしておきましょう。

また開業後に後悔しないようにするためにも、フランチャイズ加盟することのデメリットについても理解しておく必要があります。ここではそんなメリットとデメリットを詳しくご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズ加盟のメリット

まずはフランチャイズ加盟することで感じられるメリットをいくつかご紹介していきます。

ノウハウがなくても開業できる

放課後等デイサービス事業に限ったことではありませんが、フランチャイズ加盟の1番のメリットとも言えるのがノウハウ無しで開業できるということです。フランチャイズ本部ではノウハウや経営技術をマニュアル化しているので、店舗ビジネスを行ったことがない方や、その業界について未経験であっても問題なく開業できます。

開業までに勉強会や研修を行ったり、また開業後も定期的な研修や指導を行ったりしてくれるフランチャイズ本部も多いので、経営しながらノウハウを身に着けていくこともできるでしょう。もちろん多くのフランチャイズ店舗を成功させてきた実績もあるので、開業に関する幅広いサポートをしてくれます。

スピード感のある運営が可能

開業から安定的経営に至るまでのスピードが早いというのも、フランチャイズ加盟する大きなメリットです。通常法人化して不動産探しからおこない、店舗を建てたり商品開発を行ったりしていると、開業までに数年かかってしまうことは珍しくありません。

フランチャイズに加盟するとすでにご紹介したようにすでに経営ノウハウがあり、また放課後等デイサービスの運営に関しても最短で学ぶことができるので、開業までスムーズに進めることができるのです。事前に周辺のリサーチなどを行ってくれるフランチャイズ加盟先であれば、ニーズを把握して適切なサービスを提供することができるのでその分軌道に乗るスピードも早くなる可能性があるでしょう。

資金調達しやすい

過去に経営の実績やその業界での実績がない独立開業を目指す方にとって、大きな壁となるのが資金調達です。信用度が低いために、金融機関からの資金調達ができないこともあり、その分自己資金を多く用意しておかなければならないこともあるでしょう。

一方でフランチャイズ加盟すると加盟店の開業実績などを判断材料として融資を受けられる可能性が高く、資金調達でつまづくことがありません。また資金調達に必要な事業計画書の作成サポートなどを行ってくれるフランチャイズ加盟先もあり、初めて経営する方でも安心してスタートできるはずです。

知名度で集客しやすい

放課後等デイサービスは、保護者が大切な子どもを預ける場所です。そこで求められるのが安心感や信頼感であり、それを判断するのが知名度なのです。まったく名前の知らない放課後等デイサービスと知名度の高いフランチャイズ本部の加盟店では、断然後者を選ぶ方が多いでしょう。

安定した経営を行うためにはまず人を集めることが大前提なので、よく知られている名前を使って運営ができるのは心強く、安定収入の第一歩になるはずです。

フランチャイズ加盟のデメリット

このようにたくさんのメリットがある放課後等デイサービスのフランチャイズ加盟ですが、その反面でデメリットに感じられてしまう部分もあります。

加盟金とロイヤリティが発生する

フランチャイズ加盟をする際には、開業のノウハウや名前を利用したりするために加盟金やロイヤリティを支払う必要があります。とくにロイヤリティは毎月発生するものであり、売上に対して支払いの割合が決められていたり定額になっていたりとフランチャイズ本部によってその対応は異なります。

どちらも大きな出費となり、その支払いに追われて倒産する例も少なくありません。そのため加盟する前に利益をしっかりと得られて、無理なくロイヤリティを支払って行けるのかも判断することが大切です。

自由度が低い

フランチャイズ加盟する場合、本部の意向に従った運営をしていく必要があります。提供するサービスや営業時間、運営方針などを経営者が自由に決めることはできないので、そういった面で運営しにくさを感じてしまう方もいるかもしれません。自由に運営したい、自分が思うような運営をしたいという方はフランチャイズ加盟を考え直したほうがいいでしょう。

ポイント
  • フランチャイズ加盟はノウハウや知名度を活かした安定経営がしやすい
  • デメリットはあるがメリットの多い放課後等デイサービスのフランチャイズ加盟をぜひ検討しよう

独立開業しフランチャイズに加盟するとしたら、どんな点に不安を感じる? WEBアンケートで調査!

ここまで放課後等デイサービスやフランチャイズ加盟がおすすめな理由など、さまざまに解説させていただきましたが、中にはフランチャイズに加盟することに対して不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は「独立開業しフランチャイズに加盟するとしたら、どんな点に不安を感じるのか」についてアンケート調査でみなさんに聞いてみました。どんな回答となったのか、詳細を見てみましょう。

独立開業しフランチャイズに加盟するとしたら、どんな点に不安を感じる? アンケート結果画像

第1位は「収益」で18%でした。フランチャイズに加盟すればオープン前に運営ノウハウをしっかり教えてもらえるため、運営開始直後からスムーズに事業を軌道に乗せることができるでしょう。また、オープン後も継続支援や研修が受けられるため、サービスの質を上げながら更なる収益アップも見込めます。自分一人で事業をはじめるよりフランチャイズに加盟したほうが、より短期間で収益を上げられ安心感のある経営ができるはずです。

第2位は「開業費用」で17%でした。店舗を借りるお金や設備費用、人件費、販促費など、開業時には多くのお金がかかりますが、フランチャイズに加盟して本部が用意した店舗などを利用することで、それらのコストを抑えることができます。無駄な開業費用を払って損をしたくない方にとっても、フランチャイズ加盟はおすすめです。

第3位は「集客」で16%でした。事業成功の鍵を握るのが集客といっても過言ではありませんが、どのように集客すればいいのかわからない方も多いのでは?フランチャイズに加盟すれば長年の知見に基づいた集客ノウハウを教えてもらえますし、チラシやパンフレット、ホームページなども用意してもらえます。集客方法がわからない方にとってもフランチャイズは心強い存在となってくれるでしょう。

「ロイヤリティ」も同じく16%でした。ロイヤリティを不安に感じる理由には、ロイヤリティの金額と提供される内容が見合ってないことがあげられます。フランチャイズ加盟前にシステムの内容やサポートの充実度をしっかり確認し、金額以上にメリットが多いことがわかればそのような不安を感じることもないでしょう。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しでは、放課後等デイサービスのフランチャイズ本部の選び方について、さらに詳しくポイントを押さえてアドバイスさせていただきますので、ぜひ参考になさってください。

放課後等デイサービスのフランチャイズ本部の選び方

放課後等デイサービスのフランチャイズ本部の選び方の見出し画像
放課後等デイサービスのフランチャイズ加盟で開業を成功するためには、フランチャイズ本部選びが重要なポイントになります。知名度などでなんとなく決めてしまうと、経営がうまくいかなくなってしまう可能性もあるので慎重に選びましょう。ここでは放課後等デイサービスのフランチャイズ本部選びの際にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

フランチャイズ本部の理念に共感できるかどうか

フランチャイズ本部の理念に共感できるか、ということは加盟店としてビジネスを続けていくうえで重要なことです。会社としての将来が自信が見据える未来と同じ方向を向いているか、お客様にどのような姿勢を見せていくのか、などビジネスを運営するための根幹となる部分です。

この理念に共感できないと、気持ちの乗ったビジネスの運営はむずかしいでしょう。

コンセプト

放課後等デイサービスはニーズが高い事業ではありますが、競合が多いことからほかの施設との差別化がされていないと思ったような集客ができない可能性があります。できるだけほかとは違うサービスや質のよいサービスを提供できるよう、フランチャイズ本部のコンセプトを確認しましょう。

たとえば利用している子どもたちがのびのびと自分を表現できたり、他者との関わりを学べるような指導をしたり、それを保護者と共有できるようなイベントを行っていたりという放課後等デイサービスなら魅力を感じてくれる保護者も多いはずです。

子どものためを考えていたり保護者のサポートをしたりということは大前提として、独自性のあるコンセプトを掲げているフランチャイズ本部を選びましょう。独自性があるとアピールや宣伝もしやすく、利用を検討する方の目にも止まりやすいです。

フランチャイズ本部を訪問する

フランチャイズの経営状況を確かめるには、本部へ足を運ぶことが重要になります。本部の状況によって、フランチャイズの経営方針や対応を知ることができるからです。

本部によっては直接説明してくれるところもあるので、デイサービス選びに迷っている方は、足を運んでおくとよいでしょう。ここでは、受付や社員の対応が重要なチェックポイントです。

社内の様子を知ることで、適切なフランチャイズかどうか判断できます。

本部のサポート

初めて独立開業する方、また新たな事業に参入する方にとっては、安心して開業するためにも安定的な経営をするためにも本部のサポートは欠かせません。十分な研修を行ってくれること、また開業してからも定期的に担当者が経営に関するアドバイスをしてくれることで、ノウハウのない方でもしっかりと経営について学んでいくことができるはずです。

研修の内容やタイミングなどはフランチャイズ本部によって大きく異なるので、事前の説明会などでしっかり確認しておきましょう。また福祉事業以外の面でのサポートがあるフランチャイズ本部だと、より安心感があります。たとえば開業すると必要になる税務関連の業務などについて、士業者の紹介をしてくれるなどのサポートをしてくれると心強いでしょう。

サポートは開業前だけでなく開業後も続いていくものなので、適切な指導やサポートがあり、なにか困ったときには頼れる本部であることが大切です。

加盟料やロイヤリティ

加盟料やロイヤリティについても、フランチャイズ本部選びの際にチェックしなければならないポイントです。フランチャイズとして放課後等デイサービスの施設を開業するためには、加盟料やロイヤリティは必ず支払いが必要になります。ただし単純にそれが安いというだけで決めてしまうのはやめましょう。

加盟料は経営を続けて利益を上げていけばすぐに回収できるものでもあるので、そこまで金額を気にする必要はありません。フランチャイズ本部によって多少変わりますが、加盟料は本部ごとにそこまで大きな差はないです。加盟料が安い場合は含まれているサービスが少なかったり、別に支払う費用が発生する可能性もあるので注意が必要です。

またロイヤリティは毎月継続して支払うものなので、長い目で見るとフランチャイズ本部によって大きな差が生まれやすいポイントです。開業直後は大きな売上が期待できないので、できれば売上に対してロイヤリティが変動する方式の本部がおすすめです。またロイヤリティに上限を設けていると、利益が高くなったときにも安心です。

事業計画(売上や費用)の確認

安定した経営が実現できるのを具体的に確かめるためには、事業計画を確認することも大切です。フランチャイズ本部が出している数字が現実的なのかを調査し、売上に関してはできるだけ詳細な金額までチェックしましょう。

また運営に必要な費用や、想定している稼働率についても確認する必要があります。放課後等デイサービスは体調不良や家庭の事情などでキャンセルが出てしまうものでもあるので、基本的に稼働率が100%になることはなく多くの施設で80%前後を見込んで試算しています。

フランチャイズ本部によっては、それよりも高い稼働率で試算を出していることもあるので、稼働率が下がったときに売り上げがどうなるのかをしっかりと提示してくれるフランチャイズ本部を選びましょう。費用についてはとくに未経験では予想することが難しいので、本部が提示している内容をしっかりと確認して不安なく開業できるようにしておきましょう。

ポイント
  • 独自性のあるコンセプトを提案しているフランチャイズ本部がおすすめ
  • 放課後等デイサービスは差別化・経営ノウハウ確立のためフランチャイズ加盟がおすすめ

放課後等デイサービスは差別化・経営ノウハウ確立のためフランチャイズ加盟がおすすめ

これから放課後等デイサービスでの開業を目指しているのなら、経営ノウハウが確立されていることはもちろん、独自性がありほかの施設と差別化が図れるフランチャイズ本部を選ぶのがおすすめです。競合が増えているからこそ、コンセプトがしっかりとしていて子どもを1番に考えた運営ができる加盟先を見つけましょう。

需要が高まっていることから放課後等デイサービスのフランチャイズ本部も増えていますが、まずは気になるフランチャイズの資料を取り寄せたり説明会に参加したりしながら、慎重に加盟先を決めていってください。

【FAQ】よくある質問


フランチャイズに加盟することのメリットは、既に確立されたブランドとビジネスモデルを利用できること、本部からのマーケティングや運営に関するサポートを受けられること、加盟店間での情報共有や協力体制が整っていることなどがあります。これにより、独立開業に比べてリスクを抑えながらビジネスを展開できます。


フランチャイズに加盟することのデメリットは、本部からの運営に関する指導や規約に従わなければならないことで自由な経営が制限されること、ロイヤルティ料やフランチャイズ料といった継続的な費用が発生すること、本部との契約解消が難しい場合があることなどがあります。これらは、独立した事業運営と比較した場合の制約となる可能性があります。


フランチャイズの本部は、通常、研修プログラム、運営ノウハウ、マーケティング支援、物件探しの支援など、多方面でサポートを提供します。詳細なサポート内容はフランチャイズによって異なります。


放課後等デイサービスのフランチャイズ加盟にあたっては、初期投資の準備、必要な資格の取得、フランチャイズ本部から提供されるトレーニングへの参加などが求められます。また、契約期間や更新条件、本部のサポート体制等、フランチャイズの具体的な規定を理解し、自身のビジネス目標と照らし合わせることも重要です。


フランチャイズ本部からは、ブランドのイメージと一貫性を保つために、店舗のデザイン、サービスの内容、料金設定などについてのガイドラインが設けられます。また、定期的な会議や研修に参加することも求められることがあります。

OTHER LIST

掲載企業

  • ハピネス清須校の口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間10:00~19:00
    定休日日曜日
    会社情報株式会社ハピネス
    〒452-0942
    愛知県清須市清洲2181-1
    詳細はこちら
  • ネクストエールの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間9:00~17:00
    定休日日曜日、祝日
    会社情報株式会社COLORS
    〒359-8513
    埼玉県所沢市並木3-2
    詳細はこちら
  • YCCもこもこの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日記載なし
    会社情報株式会社OneVision
    〒541-0044
    大阪府大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル6F
    詳細はこちら
  • ワン ステップ スマイルの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:200万円
    ロイヤリティ:16万円/月
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間9:00~17:00
    定休日記載なし
    会社情報株式会社サンフラワー
    【本部】
    〒242-0005
    神奈川県大和市西鶴間3-7-5
    詳細はこちら
  • 実りえの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日土曜日、日曜日
    会社情報株式会社希成
    〒836-0866
    福岡県大牟田市上官町2-89-18

    実りえ
    【本部】
    〒836-0866 福岡県大牟田市上官町2-89-18
    詳細はこちら
  • りらくの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間平日:13:00~20:00
    土日祝:9:00~18:00
    定休日記載なし
    会社情報T・S・Rホールディングス株式会社
    広島市安佐北区可部四丁目1番10号
    詳細はこちら
  • みんとの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:150万
    ロイヤリティ:売上金額の3.5%
    問い合わせメールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日記載なし
    会社情報株式会社ランウェルネス
    神奈川県横浜市都筑区北山田三丁目1番50号
    詳細はこちら
  • ミライクの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:200万円
    ロイヤリティ:売上の6%
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間平日:10:00~19:00
    土日祝:9:00~18:00
    定休日記載なし
    会社情報合同会社ひとしずく
    〒721-0911 
    広島県福山市青葉台1-13-30
    詳細はこちら
  • ドリームズ・21stの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:150万円
    ロイヤリティ:売上の3%
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日記載なし
    会社情報株式会社オーシャングローバルネットワーク
    【本社】
    〒452-0814 
    愛知県名古屋市西区南川町297番地
    詳細はこちら
  • ウィズ・ユーの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:200万円 
    ロイヤリティ:固定25千円+3%
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日日曜日
    会社情報有信アクロス株式会社
    【東日本営業本部】
    〒160-0021
    東京都新宿区歌舞伎町1-1-17
    エキニア新宿ビル6F

    ウィズ・ユー早稲田
    〒162-0045
    東京都新宿区馬場下町61-4
    長谷部第11ビル2F
    詳細はこちら
  • ヒトツナの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:308万円
    ロイヤリティ:売上の5%
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日記載なし
    会社情報株式会社アイラ
    仙台市青葉区国分町1-8-14 仙台協立第2ビル3階
    詳細はこちら
  • チャイルドグループの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせメールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日記載なし
    会社情報チャイルドグループ
    〒491-0837
    愛知県一宮市多加木5-29-16
    詳細はこちら
  • だるまキッズの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:150万円
    ロイヤリティ:【基本】4万円+【変動】売上高の5% (月額)
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日日曜日
    会社情報株式会社オグラコーポレーション
    群馬県前橋市荒牧町1010番地1
    詳細はこちら
  • シュウエールの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ加盟金:200万円
    ロイヤリティ:売上金額の3.5%
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間10:00~18:00
    定休日記載なし
    会社情報シュウエール 三鷹
    〒181-0015 三鷹市大沢4-10-15 本田ビル2階
    詳細はこちら
  • UNICOの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日記載なし
    会社情報株式会社unico
    〒810-0001
    福岡県福岡市中央区天神4丁目4-11
    天神ショッパーズ福岡8
    詳細はこちら
  • S.I.C.KIDSの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間9:00〜18:00
    定休日記載なし
    会社情報株式会社S.I.C.
    名古屋市名東区社台2丁目7番地1
    詳細はこちら
  • サンFCの口コミや評判
    加盟金・ロイヤリティ記載なし
    問い合わせ電話・メールフォーム
    電話受付時間記載なし
    定休日日曜日
    会社情報株式会社IKOL
    埼玉県上尾市富士見2-20-25まつやビル3F
RANKING TABLE

【放課後等デイサービスFC】おすすめのフランチャイズ加盟先ランキング比較表

イメージ





会社名 クオリティ・オブ・ライフGrannyこぱんはうすさくらコペルプラスジュニアこどもプラスドレミファソライズ
加盟教室数4記載なし記載なし記載なし180記載なし
サポート資金計画サポート、経営サポート、人材サポート、施設マネジメント、営業手法提案、カリキュラム内容提供、保護者面談・個別支援計画作成補助など研修、物件選定、スタッフ採用などコンサルティング、スタッフの採用・育成など徹底的な経営サポート融資サポート、人材採用サポート、教室づくりサポート、SVによるサポートなど資金調達サポートなど
カリキュラムダンスや運動が中心個別リハビリプログラムなど自由遊び、集団レクリエーション、個別プログラムなど認知課題、言語発達プログラム、学習支援、感覚統合からのアプローチなど柳沢運動プログラムなど元日本代表監修のサッカー指導など
問い合わせ電話、メールフォーム電話、メールフォーム 電話、メールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォーム
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト